教員紹介

木村 徹(きむら とおる)

  • 木村 徹

所属

  • 芸術学部 芸術学科 デザイン領域 カーデザインコース

職位/役職

客員教授

略歴

1951年1月17日、奈良県に生まれる。武蔵野美術大学を卒業し、1973年トヨタ自動車工業株式会社に入社。

米CALTY DESIGN RESEARCH,INC.に3年間出向の後、トヨタ自動車株式会社の外形デザイン室に所属。ハリアーなどの制作チームに参加し、アルテッツァ、IS2000 などでは、グッドデザイン賞、ゴールデンマーカー賞、日本カーオブザイヤーなど、受賞多数。

愛知万博のトヨタパビリオンで公開されたi-unit*2のデザインもチームでまとめた。
同社デザイン部長を経て、2005年4月から国立大学法人名古屋工業大学大学院教授として、インダストリアルデザイン、デザインマネージメントなどの教鞭をとった。

2012年4月から川崎重工業株式会社モーターサイクル&エンジンカンパニーのチーフ・リエゾン・オフィサーを務める。

研究活動

【所属学会】
グッドデザイン賞審査員、
(社)自動車技術会デザイン部門委員会委員(自動車技術会フェローエンジニア)、
日本デザイン学会評議員、
日本自動車殿堂審査員(特定非営利活動法人)、
愛知県能力開発審議委員会委員長、
中部経済産業局技術審査委員会委員長、
豊田市景観基本計画策定有識者会議委員、
有限会社木村デザイン研究所デザイナー など過去、現職を含め公職多数
【研究業績】
1.プロダクトデザイン- 商品開発に関わるすべての人へ
2.コストデザイン-トヨタ/研究者の実践コミュニティ理論
4.自動車の空力技術
【著  作】
1 著書、論文
(学術論文)
1.空力と車両外形デザイン
(その他)
1. トヨタデザインのめざすもの
2. 日本型デザインマネージメントのパラダイムシフト
3. 21世紀のカーデザインをつくる
4. 機能と道のデザイン
5. デザイン研究活動レポート(基調講演)
6.ブランド戦略とカーデザイン--伝統の継承と革新
7.近未来の自動車
8.自動車デザイン界における感性とコンピュータの融合
9.カーデザインこの10年
10.環境・安全が重視される時代におけるデザインのあり方
【受  賞】
名古屋市市長賞 
朝日人間工学賞 受賞
ゴールデンマーカー賞 受賞
自動車技術会 功労賞 受賞
グッドデザイン賞 受賞 (パーソナルモビリィティーXFV)
愛知県職業能力開発審議会 塩崎厚生労働大臣賞 受賞

授業科目

デザイン実技Ⅳ

その他①

【企業との共同研究を希望するテーマ】
10年後のモビリティ
【受験生の方へのメッセージ】
今日の常識、明日の非常識 

人間の感覚は接する物や時間によって変化する。「驚いて、慣れて、飽きる」。これは、人が生きる為の本能で止めることはできない。そして、感じ方、変化のスピードも人によって異なる。外的要因によって変わることもある。デザイナは、どこにポイントを絞ってデザインするかはそのプロジェクトやターゲットとするユーザーによって異なる、ケースバイケースでさまざまな答えを要求される。
人に感動を与え、人間が自然の一部である以上、その創作物も自然の一部に成り得ていることが重要だ。「人為的」といわれるのは「不自然な」と言われたのと同意語で、どんな空間を創造する時も常に意識しなければならない。又、意識しなくても出来るようにならなければならない。その上に、己のオリジナリティーが表現出来きた時、初めてよいデザインが出来たと言える。


Today's common sense is tomorrow’s nonsense

Human sensation changes based on time and the things it encounters. “Surprised, habituated, disinterested.” This is the unstoppable human instinct to live. Furthermore, the way one feels and the speed at which humans change is different for each individual. This may also change due to external factors. A designer’s focus varies considerably based on the target users of his or her project. Not only do projects have the power to move people, but as humans are a part of nature, they must be part of nature as well. As so called “man made” objects are considered synonymous with “unnatural objects,” we must keep this in mind regardless of what type of space our projects may create. At the very least, we must reach a level at which it is no longer necessary to pay them any mind. Above all, the moment one is able to express one’s own originality is the moment that a design worth beginning has come into being.