イベント

2020年11月17日〜28日「村上典子展」のご案内

2020.11.17~2020.11.28

展覧会

2020年11月17日(火)〜11月28日(土) 
本学卒業生の村上典子さんによる個展「村上典子展」が、
名古屋栄のGALLERY MOCA(ギャラリー モカ) にて開催されます。

美濃和紙と、その原料となる楮の繊維で制作した作品が
白い空間中で表現展示されますので、是非ご来場ください。

20201002100421_00001


◎会場  GALLERY MOCA(ギャラリー モカ)
〒460-0008 名古屋市中区栄4丁目21-5 北岡ビル1F

     TEL:052-243-5751

◎会期  2020年11月17日(火)〜11月28日(土) 
13:00~19:00(日・月休廊、最終日17時終了)

◎後援  名古屋芸術大学
名古屋芸術大学美術デザイン同窓会      

◎以下より、案内状をPDFでご覧いただけます。
→ 「村上典子展

■作家WEBサイト http://paper-arts.net/

■Facebook https://www.facebook.com/profile.php?id=100054112578852
■Instagram https://www.instagram.com/1567nori/?hl=ja



「作家からのメッセージ」
今までの活動及び今回開催の個展について

 

美濃和紙と楮の繊維を素材に創作し、

美術館・ギャラリー・古民家・舞台等で

空間表現の制作活動を続けています。

 

美濃和紙は流し漉き手法、

そのなかで最も大切なのが、漉き舟の紙料を最初にすくいあげる水

化粧水(けしょうみず)です。

紙の表情を決める重要な動作(所作)です。

故後藤茂・紙漉職人は、化粧水のことを初水(うぶみず)と言われ、

いつも、初(うぶ)な気持ちを大切に漉き舟に向かう姿がありました。

 

―漉き舟の紙料に意を写し、紙を漉くー

その紙に私は 何を写し、形にしようか・・・

 

白きギャラリーMOCAにて、初水の思いを大切に表現させて頂きます。

この空間は16年ぶりの開催となります。

その時の会場風景の画像添付致しました。

併せてご高覧頂けたら幸いです。

 

                       村上典子

 


20201002100401_00001
2004
年 11月2日~11月7日開催のMOCA会場風景