NEWS & TOPICS

2021年4月20日(火)〜25日(日)『あわいの視点vol.2 第3回名古屋芸術大学展 卒業・修了制作選抜+OB・OG展』のお知らせ

名古屋芸術大学では2021年420日(火)〜25日(日)
『あわいの視点vol.2 第3回名古屋芸術大学展 卒業・修了制作選抜+OB・OG展』が開催されます。

本展覧会は、卒業・修了後5年~10年を経て社会で活躍するようになった若手のアーティスやデザイナーの中で、
主となる表現領域に軸を持ちつつ、世代やジャンルを超え、あわいの視点で表現を追求するアートとデザインのOBOG4名と、
2021年2月に本学キャンパスで開催された卒業・修了制作展において優秀な成績を修めた卒業生11名を一堂に集め展示致します。

■選抜作品展出品者一覧

宇留野 圭 / 大野 未来 / 金 里珉 / 小池 匡徳 / 鷹見 真友 / 森田 和歌奈

近藤 みこ乃 / 西川 真衣 / 芳賀 維吹 / 川合 由美 / 村上 結輝




(以下フライヤーより)

名古屋芸術大学は、中部地域唯一の私立総合芸術大学として、開学以来、教育研究活動を展開し、
数多くの芸術家を育成するとと もに、多様な芸術活動や社会実践等を通じて、芸術文化の展開に寄与してまいりました。
昨年より「名古屋芸術大学展」をスター トさせ、創立 50 周年を迎える本年、第2回展を迎えることとなりました。
本展を開催する目的は、名古屋芸術大学の社会におけるアクティビティーを最大限に開示することです。
卒業・修了後、5 年~10 年を経て社会で活躍するようになった若手のアーティストやデザイナー、
及び去る 2 月に本学キャンパスで開催された卒業・修了 制作展において優秀な成績を修めた作品を一堂に集め、展覧するものです。
さて節目となる本年は、新型コロナ感染症の影響を受け当初 4 月に開催予定が延期おりましたが、
この度会場を本学へ移動させ卒 業・修了制作展の選抜作品のみとし、開催をする運びとなりました。
主となる表現領域に軸を持ちつつ、世代やジャンルを超え、あわいの視点で表現を追求するアートとデザインの
10
名の卒業・修了生によって構成されます。
ひと、もの、こと、そして、色や空間の混ざりあうこれらの視点に、表現のあわいを見ることとなるでしょう。
私たちが生きる時代においては、
複合的などちらともつかない複数の視点から新たな領域を模索することが必要であると言えそうです。
一方で、芸術大学を卒業・修了した後も社会にその能力を認知され、
人々に親しまれるようになるまでには自ら多くの研鑽を積む 必要があります。
クリエーターとしての本領は在学中の努力に加え、大学を巣立った後の持続によって得られるものかも知れませ ん。
本学では、このような OBOG の活躍を支えていきたいと考えております。
今後の社会を担っていくアート・デザインの若い開拓者たちの成果を心ゆくまでご覧下さい。

名古屋芸術大学学長 竹本義明

ベース1ベース2



□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
会期 | 2021年420日(火)〜25日(日) 10:00-18:00(金曜日は20:00まで) ◎会期中無休

会場 | 愛知県美術館8階ギャラリー HI室 ◎入場無料
         〒461-8525 名古屋市東区桜1-13-2 TEL 052-971-5511(代)
   アクセス | 東山線または名城線「栄」駅下車、徒歩3分 / 瀬戸線「栄町」下車、徒歩2分      

主催・お問い合わせ | 名古屋芸術大学
          〒481-8535 愛知県北名古屋市徳重西沼65番地
          TEL 0568-24-0325
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□