理念および教育目標

大学の目的及び大学の教育理念と目標

大学の目的

本学は教育基本法・学校教育法に則り、芸術に関する専門の学術技芸、また、人間発達に関する専門的知識を教授研究し、さらに、広範な展望の下、歴史・社会に位置づけるべき総合的教養を授け、もってわが国の芸術文化ならびに人間発達の創造発展に寄与しうる人を養成することを目的とする。

大学の教育理念と目標

本学は、知性と感性のバランスのとれた教育理念に基づき、分野横断的取組みによる新たな価値の創造を実現する。キャリア教育の取組みを強化し、自治体や企業との連携を進展させ、芸術による教育・研究を発展させ地域・社会に貢献する。

学部・学科の目的及び教育理念と目標

芸術学部の目的

芸術における専門的技能と幅広い知識を修得し、その構想力と実践力をもって、芸術文化の創造発展に寄与する人を育成する。

人間発達学部の目的

保育・初等教育にかかわる理論ならびに技術の教授を通して、豊かな感性を備え、真に子どもの成長・発達を支えることのできる保育者・教育者を養成する。

芸術学部の教育理念と目標

芸術に関する専門の学術技芸を教授し、歴史的・社会的視点にたった芸術教育を施すことにより、地域・社会に貢献しうる人格の形成を目標とする。

人間発達学部の教育理念と目標

保育・教育の理論とスキルを学び、実習等の経験を積み上げ、芸術的感性を備え、教育・福祉の両面で、子どもの成長・発達を支える力を獲得し、地域に貢献できる保育士、幼稚園・小学校教諭を育てる。

芸術学部
アドミッションポリシー
芸術に創造的な価値を見いだし、それを通じて社会に貢献することを志す、幅広い視野と意欲を持った人を求める。
芸術学部
カリキュラムポリシー
芸術文化の発展と地域・社会に貢献するため、各領域の専門教育を充実させ、広く学問を学ぶことができる領域横断的カリキュラムを編成している。
芸術学部
ディプロマポリシー
専門的実践を通じて社会に寄与する能力と知識を備え、所定の単位を取得した者に学士(芸術)の学位を授与する。
人間発達学部
アドミッションポリシー
保育士、幼稚園・小学校教諭などを希望し、進路を幅広く人間形成の中で考えようとする人、経験から深く学び自他の成長をはかっていこうとする人を求める。
人間発達学部
カリキュラムポリシー
保育士養成課程、幼稚園および小学校教諭養成課程の3課程を創造的かつ計画的に組み合わせて学び、総合的に人間形成をはかり、進路を明確にするカリキュラムを編成している。
人間発達学部
ディプロマポリシー
保育・教育の理論とスキルを学び、実習等の経験を積み上げ、芸術的感性を備え、教育・福祉の両面で、子どもの成長・発達を支える力を獲得した者に学士(教育学)の学位を授与する。