教員紹介

依田 嘉明(よだ よしあき)

  • 依田 嘉明

所属

  • 大学院 音楽研究科 器楽専攻
  • 芸術学部 芸術学科 音楽領域 弦管打コース

職位/役職

教授/生涯学習センター長

略歴

1988年武蔵野音楽大学を卒業し大学院に進学。1990年同大学院修了。その年に行われた宝塚ベガ音楽コンクール室内楽部門第2位。同年8月渡蘭。オランダ・スウェーリンク音楽院に学ぶ。在学中ネーデルランド・ダブルリードアンサンブルのメンバーとしてヨーロッパ各地で公演。1992年帰国。1998~2002年までセントラル愛知交響楽団に首席奏者として在籍。2002年より名古屋芸術大学専任講師となる。現在は名古屋芸術大学・大学院教授及び三重県立白子高校吹奏楽コース非常勤講師として、後進の指導にあたっている。演奏活動においては、ソリストとして、2013年セントラル愛知交響楽団とモーツァルトの協奏交響曲、2014、2016、2018年にウクライナ・チェルニーゴフフィルハーモニー交響楽団とR. シュトラウスの二重小協奏曲、ヴィヴァルディのファゴット協奏曲、ウェーバーのアンダンテとハンガリー風ロンドを、2015年北名古屋シティ管弦楽団とウェーバーのファゴット協奏曲の演奏を行った。その他オーケストラの客演奏者や室内楽、また岐阜県交響楽団や大垣室内管弦楽団等のトレーナーなど、幅広く活躍中。これまでにファゴットを谷島卓、岡崎耕治、山畑馨、ローランド・スモール、ジョン・モスタード、またアフィニス夏の音楽祭にてフォスカー・テスマンの各氏に師事。
【社会活動】
(社)岐阜県交響楽団、北名古屋シティ管弦楽団、大垣室内管弦楽団トレーナー。

研究活動

【専門分野】
ファゴット奏法
【研究課題】
ファゴットリードの研究
【著  作】
2006年 「ポピュラー&クラシック名曲集」 監修
    「ファンタスティック・デュエット」 監修
2012年 「ポピュラー&クラシック名曲集」 監修
    いずれも(株)ヤマハミュージックメディア

【受  賞】
1990年 宝塚ベガ音楽コンクール室内楽部門第2位

授業科目

演奏実習
演奏実習Ⅰ-2
演奏実習Ⅱ-1
演奏実習Ⅱ-2
音楽表現実技Ⅰ
音楽表現実技Ⅱ
音楽表現実技Ⅲ
音楽表現実技Ⅳ
管楽器演奏研究
器楽合奏Ⅰ
器楽合奏Ⅱ
器楽合奏演習-3
合奏Ⅰ-1
合奏Ⅰ-2
合奏Ⅱ-1
合奏Ⅱ-2
合奏Ⅲ-1
合奏Ⅲ-2
合奏Ⅳ-1
合奏Ⅳ-2
室内楽Ⅰ-1
室内楽Ⅰ-2
室内楽Ⅱ-1
室内楽Ⅱ-2
室内楽Ⅲ-1
室内楽Ⅲ-2
室内楽Ⅳ-1
室内楽Ⅳ-2
総合音楽実技1
総合音楽実技2
総合音楽実技3
総合音楽実技4
卒業研究
副科実技A-1
副科実技A-2
副科実技B-1
副科実技B-2