教員紹介

日比 浩一(ひび こういち)

  • 日比 浩一

所属

  • 大学院 音楽研究科 器楽専攻
  • 芸術学部 芸術学科 音楽領域 弦管打コース

職位/役職

教授

略歴

学位:芸術学士
学歴:1984年 京都市立芸術大学音楽学部卒業(3月)
職歴:
1984年4月〜1991年3月 神戸室内合奏団(現・神戸市室内管弦楽団)
            ソロヴァイオリン奏者として入団
1991年4月〜2001年3月 関西フィルハーモニー管弦楽団コンサートマスター就任
2001年4月〜現在 名古屋フィルハーモニー交響楽団コンサートマスター就任
1998年〜2003年 大阪成蹊短期大学助教授をつとめる。
現在 大阪音楽大学特任教授、大阪樟蔭女子大学客員教授
【社会活動】
専属以外の活動として(室内楽)
京都フィルハーモニー室内合奏団客員コンサートマスター(1997〜)
井上まゆみピアノトリオ(1997〜)
アンサンブル・ベガ(1997〜)
その他 日本演奏連盟、宝塚演奏家連盟会員。

研究活動

【専門分野】
西洋クラシック音楽(ヴァイオリン)
【研究課題】
西洋クラシック音楽(ヴァイオリン)
【所属学会】
(公財)名古屋フィルハーモニー交響楽団コンサートマスター
【研究業績】
リサイタルとしては1995年10月に大阪いずみホールで、その他大阪、京都、
神戸でもリサイタル
【著  作】
宮川彬良&アンサンブル・ベガのメンバーとしてのCD
「虹の記憶」2017年5月発売
宮川彬良(作編曲,ピアノ)、辻井淳、日比浩一(Vn)、馬渕昌子(Va)、星野則雄(Fg)、
近藤浩志(Vc)、新真二(Cb)、鈴木豊人(d)、池田重一(H2)
【受  賞】
1984年 京都市立芸大卒業時に音楽学部賞を受賞。
1980年 全国学生音楽コンクール 西日本大会第2位。
2018年1月 「井上まゆみピアノトリオ」として、第37回藤堂音楽賞受賞

授業科目

音楽表現実技Ⅰ(弦楽器)
音楽表現実技Ⅱ(弦楽器)
音楽表現実技Ⅲ(弦楽器)
音楽表現実技Ⅳ(弦楽器)
器楽演奏特殊研究(弦楽器)
器楽合奏演習-1
総合音楽実技1(弦楽器)
総合音楽実技2(弦楽器)
総合音楽実技3(弦楽器)
総合音楽実技4(弦楽器)

その他①

【企業の方へのメッセージ】
世の中には一度はクラシックのコンサートに足を運んでみたいという方が結構
いらっしゃることは経験で知っています。最初のきっかけが難しいのですが,
少しでも良いきっかけ作りをするのも我々音楽人にとって重要なことだと思って
います。ご興味がある企業の方々、是非一度ご連絡ください。
【講演可能なテーマ】
演奏家なのであまりしませんが、6月に高校教員組合の研究会で「こすれてふるえて
出る音がもたらすもの」というタイトルで(要するに弦楽器の原型です。)演奏を
含めた講演はします。
【受験生の方へのメッセージ】
クラシックファンは年々高齢化していて50年後、100年後にまでこの文化が継続
できるかどうかわからない状況です。
少しでも多くの人々に、次の世代の人々に音楽の良さ、楽しさを伝えてくれる人材を
求めています。