教員紹介

山本 多恵佳(やまもと たえか)

  • 山本 多恵佳

所属

  • 芸術学部 芸術学科 音楽領域 鍵盤楽器コース(ピアノ)

職位/役職

非常勤講師

略歴

学位:芸術修士
学歴:2007年 愛知県立明和高等学校音楽科卒業。
   2011年 名古屋芸術大学音楽学部演奏学科ピアノコース首席卒業。
   2013年 同大学大学院 音楽研究科修了。理事長賞受賞。同窓会よりGolden Prize受賞。
   2013年 パリ・エコールノルマル音楽院ディプロム取得。

【社会活動】
2012年より4年間にわたり、幸田町文化振興協会登録アーティストとして、財団法人地域創造プロデューサー 児玉真氏の指導の下、町内の小学生を対象にアウトリーチ活動を展開。2016年からは、西尾市アーティスト・イン・スクール講師として、市内の小学生を対象にアウトリーチ活動を展開している。

また、2008年より化粧品のニシマルヤ(東海市)常任ピアニストとして、地域に密着したサロンコンサートを展開。2018年より展開された、縁ナーレ 街づくりコンサート(東海市尾張横須賀)にも出演。地域活性化や交流活動に繋がるコンサートも展開。

研究活動

【専門分野】
ピアノ独奏、室内楽

【研究業績】
ハンガリーにてショルティ記念オーケストラとモーツァルト/ピアノ協奏曲第21番を共演。
セントラル愛知交響楽団と「あいちトリエンナーレ」「まるごとしらかわの日」「山田貞夫音楽賞受賞記念コンサート」等で、モーツァルト/ピアノ協奏曲第7番、ラヴェル/ピアノ協奏曲、ベートーヴェン/ピアノ協奏曲第3番を共演。
愛知室内オーケストラと「国民文化祭・あいち2016 第九 in 幸田 」にて、ラフマニノフ/パガニーニの主題による狂詩曲を共演。
名芸大オーケストラとは、メンデルスゾーン/ピアノ協奏曲、シューマン/ピアノ協奏曲、大学院修了演奏会ではコレギウム・アカデミカ(教員主体のオーケストラ)とラヴェル/ピアノ協奏曲を共演。
その他、オーネンストリングスの定期演奏会等にゲスト出演し、ショスタコーヴィッチ/ピアノ協奏曲1番、モーツァルト/ピアノ協奏曲第21番を共演。2019年7月にはモーツァルト/ピアノ協奏曲第9番「ジュノム」を共演。

2012年 パリ・エコールノルマル音楽院にて、
2016年 アメリカ デンバー大学にて、名古屋芸術大学と両校による交歓演奏会に出演。

2014年に名古屋芸術大学卒業生により結成された室内楽グループ「Mimosa」としては、名古屋市事業団主催の演奏会に多数出演する他、愛知県内を中心に様々なコンサートに出演。

2015年(名古屋)、2018年(名古屋・札幌)、2020年(名古屋)にソロリサイタルを開催。2020年名古屋市民芸術祭参加。

【受  賞】
第2回山田貞夫音楽賞及び特選受賞。
過去の特選受賞者を対象に行われた選考会にて「山田貞夫音楽賞 MEMORIAL 」を受賞。
第6回横浜国際音楽コンクールピアノ協奏曲部門第1位。
2018年岐阜国際音楽祭 第1位 及び 岐阜市長賞。
第2回東京ピアノコンクール大学部門第2位。
他多数のコンクールにて上位入賞。

【所属学会】
日本ピアノ教育連盟

授業科目

音楽表現実技
総合音楽実技

その他①

【企業との共同研究を希望するテーマ】
地域活性化に繋がるコンサート、音楽活動。

【受験生の方へのメッセージ】
大学生活は、自分の夢に向かって突き進む大変貴重な時間だと感じております。私自身、この貴重な時間を名古屋芸術大学及び大学院で6年間学び、この大学の素晴らしさを身を持って感じました。
一生懸命勉強しても上手くいく事ばかりではありませんが、どんな時も熱意を持って接してくださった先生方の存在は、私にとって大変大きな力となり今日の自分が存在していると感じます。
また、この大学には素晴らしい施設が整っており、この環境を大いに活用して、たくさんのコンクールや演奏会にチャレンジする事ができると思います。様々な分野を学ぶ学生と共に生活できる事も、自身の音楽の幅を広げるチャンスになるのではないでしょうか?

入学生の皆さまにとって飛躍の4年間となりますように、心から応援させていただきたいと思います。