芸術学部 芸術学科美術領域

アートと生きる。
自分の絵を認められなかったこともある。でも、ただ夢中で描いたり、ものをつくったり、そんな時間が好きだった。だから、もっと、描きたい。つくりたい。湧いてくるこの欲求はなんなのか?その答えを見つけられる場所へ。そして、その先につながっている、自分がもっと自分らしくいられる人生を選ぼう。

感性と技術を磨く。自分だけの表現を見つける4年間。

1年次表現の基礎から学び、多様な可能性を探る。

日本画コース 洋画コース
アーティスト養成カリキュラム
絵画の本質を理解して追究していくために、基礎を繰り返し学習するプログラムを実施。実際の制作を通して知識や思考を身につけながら、自身のオリジナリティの確立を目指します。
日本画・洋画の基礎
「日本画専門基礎」と「洋画専門基礎」で、絵画の表現力を磨いていきます。日本画では、岩絵の具の特性を理解し、伝統的な道具の使い方、和紙などの支持体づくりを体得します。洋画では、油絵の具の特性を理解し、道具の使い方やキャンバスなどの支持体づくりを体得。基本を学ぶことで、自身の可能性を広げることができます。
「コース展」で作品を発表
各コースそれぞれに大学内外のギャラリーやアトリエを会場として、作品を発表するコース展を開催。多くの人の目にふれる機会を得て、今後の学びや作品づくりに活かしていきます。

2年次

  • 洋画コース油画
  • 洋画コース絵画・現代アート

※2年次から選択

コース展

3年次

日本画展

コース展

4年次

卒業制作展
4年間の集大成として、学びを通して得た自分の表現力を尽くした作品を発表する卒業制作展。愛知美術館ギャラリー、名古屋市民ギャラリー矢田、名古屋芸術大学西キャンパス(アート&デザインセンター)にて開催されます。

1年次

アートクリエイターコース
クリエイター育成カリキュラム
学生一人ひとりの可能性を大切にするため、教員がきめ細かく指導するチュートリアル制(3年次からはメンター制)を導入。アートに関わる全分野の基礎を学びながら2年次からの専攻分野を決定することができます。
ファンデーション
まざまな分野のアートを、基礎実技・演習・講義を通して体験。自身の幅を広げるとともに、広範な基礎知識と技術を身につけていきます。
ガラス実技/陶芸実技/美術文化演習/彫刻実技/日本画実技/油彩実技/クロッキー
[必修]コミュニケーションアート実技/デッサン/版画実技
クリエイターに出会い将来を知る
在学中の4年間に、数々の種類のモノづくりをしているクリエイター100人に出会い、自分の将来像を探して、自身が卒業時に101人目のクリエイターになるプログラムを行っています。

2年次

  • コミュニケーションアート
  • 版画
  • 彫刻
  • 陶芸・ガラス
  • 美術文化創造

※2年次からクラスを選択

レヴュー展

3年次

レヴュー展

4年次

卒業制作展
4年間の集大成として、学びを通して得た自分の表現力を尽くした作品を発表する卒業制作展。愛知美術館ギャラリー、名古屋市民ギャラリー矢田、名古屋芸術大学西キャンパス(アート&デザインセンター)にて開催されます。

PICK UP

美術のチカラを社会に解き放つ、独自の視点を持つパイオニアとの交流。

国内外で独自の芸術活動を展開するプロフェッショナルたちを特別客員教授や講師として迎えた講座を開催。活動の背景となる社会への認識や、芸術の新たな可能性など、授業では得られないプロの声を聞くことができます。

2015年度美術領域特別客員教授/佐喜眞美術館館長による特別講演会

佐喜眞道夫氏
沖縄にある佐喜眞美術館の館長を務める。美術館には丸木位里・俊夫妻やケーテ・コルヴィッツの作品を収蔵。美術領域特別客員教授として、戦争の悲惨さを教え、戦争と平和をテーマに、独自の美術館活動を展開しています。
「工房SHOBUの仕事」展
丸木位里・丸木俊〈チビチリガマ〉(沖縄戦「読谷三部作」より)(一部)

作品発表の場を設け、多くの人に鑑賞してもらい創作意欲につなげる。

美術領域には、各コースごとに学内外での様々な展覧会の機会が設けられています。作品が多くの人の目に触れることで、新たな発見から次の制作へと繋がります。卒業制作展は愛知県美術館ギャラリーや名古屋市民ギャラリー矢田、学内アート&デザインセンターで展示され、広く作品を鑑賞・評価していただく機会となります。

関連情報のご案内

OPEN CAMPUS 2016
オープンキャンパスサイトへ

お問い合わせ・資料請求

西キャンパス
美術領域
〒481-8535 愛知県北名古屋市徳重西沼65番地
アクセス
TEL:0568-24-0325 FAX:0568-24-0326
E-mail : info-a@nua.ac.jp

電話でお問い合わせ

資料を請求する

TOP