NEWS & TOPICS

人間発達学部 子ども発達学科 「4回目の幼稚園での体感!」 ~子どもと芸術、子どもと音楽~

人間発達学部 子ども発達学科 
2
年生「子ども芸術コース」と3年生「子ども音楽ゼミ」が、
7月の大学附属クリエ幼稚園、7月と8月の名古屋市立大幸幼稚園に引き続き、
1月
10()小牧市の名北ゼンヌ幼稚園に行ってきました。

screenshot

今回は、少しずつ曲目や演奏形態を変え、
プロコフィエフの『ピーターと狼』のピアノ連弾演奏とお話、
絵本『はらぺこあおむし』の読み聞かせと
アコースティックギター・ビブラフフォン・ピアノで絵本の中の歌を演奏しました。

ハンドベルは、『アメージンググレース』と『星に願いを』を演奏しました。
子ども達は色々な楽器のきれいな響きに聴き入ったり、
プロジェクターを通した美しい映像に目を見張り遊戯室には歓声が広がりました。

そして、最後は子どもたちに大人気の「パプリカ」のピアノと
アコースティックギター伴奏に合わせて、
子ども達と一緒に元気いっぱい踊りながら
遊戯室の床が壊れそうになるくらい踊りながら歌いました。

screenshot


名北ゼンヌ幼稚園のゼミコンサートは、
今年で4回目になり、当幼稚園教諭で学部卒業生の神吉優子さんも
「学生時代を思い出して楽しかった」と言ってくださいました。

終わって園を後にする時には、
演奏した学生たちが園から見えなくなるまで、
園児や先生方が手を振って別れを惜しんでくれました。

2年生「子ども芸術コース」と3年生「子ども音楽ゼミ」では、
芸術を保育・教育に結びつけるため、
年間を通して幼稚園・保育所・小学校に出向き、
芸術大学のメリットを最大限に活かす活動を行っています。