芸術学部 芸術学科 デザイン領域

先端メディア表現コースコース概要

学部・大学院芸術学部 芸術学科 デザイン領域

「最先端のメディア」を駆使した
高度なものづくりの表現者を目指す

デザイン・映像・メディアの3つの分野を横断するテクノロジーを学びます。デザイン分野では、様々なデザイン素材を用いて「伝え方デザイン」の方法を学び、問題の発見と解決力を体得します。映像分野では、時間軸の表現として特殊撮影、モーショングラフィックス、編集、配信のプロセスを学びます。メディア分野では、コンピュータと人間を結びつけるインターフェイスの制作を学びます。3つの分野を交錯させることで、創造的思考力を発揮するものづくりにつなげ、アナログとデジタルの表現を分け隔てなく学ぶことで、変化し続ける社会を柔軟に生き抜くスキルを磨きます。また、デジタルファブリケーション工房(仮称)で様々な素材を使った新しい「かたち」のデザイン、プロジェクトを進めていきます。

身につく能力

  • 企画から撮影、編集、発信まで自ら映像で伝える力
  • 人とコンピュータを結ぶインターフェイスの開発力
  • アナログとデジタルの世界をシームレスにつなぐ力

4年間の学び

1年次
デザイン領域共通カリキュラム「ファンデーション」とコースに特化した授業によって、オールラウンドにデザインを学び、専門分野の選択肢を広げます。各コース共通の基礎実技を学び、自分が本当にやりたいこと、向いている分野を見つけることができます。
2年次
実習・演習を中心に先端メディアデザインの基礎を学び、「創造的思考力」の基盤となるリテラシーを身につけます。また、広範な科目群から自由に選択履修するとともに、メディア表現、現代社会に対する理解を深めます。
3年次
様々なグループ制作やプロジェクトを通して共同制作と問題解決のプロセスを学び、現代社会と未来の要請に応える問題解決力を体得します。
4年次
これまで取り組んできた多様なメディア表現から、自分に合ったオリジナルの先端メディア表現を確立させます。「伝え方デザイン」をテーマに卒業研究・制作を進めていきます。

目指せる主な職種・職業

ムービーディレクター/プロダクトマネージャー/プログラマー/システムエンジニア/デザイナー/アートディレクター/プランナー/アニメーション作家/写真家 など

卒業後の主な進路

株式会社博報堂プロダクツ/任天堂株式会社/面白法人カヤック/ヤフー株式会社/ビービーメディア株式会社/株式会社DMM.com /株式会社Fablic(フリル・現ラクマ)/anno lab など
※参考:メディアデザインコース進路実績

デザイン領域トップ