芸術学部 芸術学科 音楽領域

音楽ケアデザインコース コース概要

学部・大学院芸術学部 芸術学科 音楽領域

音楽が福祉・医療の分野でできること。
心を癒やす喜びは、自分自身を豊かにする。

今、わたしたちの住む社会において、音楽の新たな役割に注目が集まっています。社会はますます多様化し、健康、人々のつながり、地域コミュニティの活性化、バリアフリーなど、取り組むべき課題が山積しています。これらの問題をケアするために活用されつつある音楽。本コースでは、確実に高まっている社会的ニーズに応えるための専門カリキュラムを用意。音楽ケアについての基礎的な講義から、技法の習得、関連する疾病や障害の理解などを段階的に学習します。さらに、病院、施設、地域コミュニティなど、様々な現場で実践体験を積み重ね、ケアとしての音楽を「デザイン」することで社会貢献できるひと、また同時に、音楽の持つ効用を医療・福祉現場で活かせる「音楽療法士」の育成を目指します。

取得できる資格

  • 日本音楽療法学会 音楽療法士(補)受験資格

ポイント

  • 音楽とケアの基礎を学び、技法の修得や対象者の理解、医学的知識を身につけます。
  • 対象者や場のケア的ニーズに合わせた音楽を選曲、演奏、創作する体験を行います。
  • 音楽ケアワークショップの組み立て方法やカウンセリング技法を学び、病院、施設、地域コミュニティでの実践を行います。

将来の主な就職分野

  • 音楽療法士
  • 医療、福祉、地域の現場での
    音楽ケアワークショップ実践担当者
  • 音楽教室講師(音楽と健康担当)

教授メッセージ

人とつながる、地域とつながる“音楽”を。

社会は、多様化、高齢化といった様々な問題を抱えています。本コースでは、音楽とケアに関する知識、技術を総合的に学びます。また病院、施設、地域コミュニティ等の現場で実践体験を積み重ね、ケアとしての音楽をデザインできる人、音楽の持つ効用を医療・福祉の現場で活かせる音楽療法士の育成を目指します。
人を癒し、地域の活性化をはかる強力なツール"音楽"。一緒に勉強しましょう。

音楽ケアデザインコース ホームページ

音楽領域トップ