芸術学部 芸術学科 音楽領域

ダンスパフォーマンスコース コース概要

学部・大学院芸術学部 芸術学科 音楽領域

多彩なジャンルに対応する
「マルチなダンサー」になる

華やかで躍動的なダンスパフォーマンスは、コンサート、ミュージカル、セレモニー、イベントなど様々なシーンを彩る重要な表現手段となりました。それとともに、ダンサーの仕事も多様化しています。踊れて歌える、踊れて演技ができる、バレエもジャズもヒップホップもできる、そんなマルチなダンサーが求められています。本コースでは、様々なスタイルのダンスを学ぶとともに、アーティストとして必要なヴォーカルやアクティングのレッスンも同時に行います。新しい時代のミュージックシーンを創り上げるダンサーを輩出することを最大の目的としたコースです。

身につく能力

  • 異なるジャンルのダンスを融合・創造する力
  • 自分の個性を見極め、発展させる力
  • スキルをパフォーマンスとして発信する力

4年間の学び

1年次
まずはストレッチで柔軟性を高め、けがを防ぐとともに、ダンサーとしての体づくりを行います。様々なダンスの基礎として必要不可欠なバレエをはじめ、ジャズ、ストリート、タップなどの基礎を学び、身につけます。
2年次
体づくりの反復練習を行い、基礎力をより高めながら、各ジャンルのスキルアップを目指します。また、音楽とアクティングの授業を通して表現力を養いながら、多様化する舞台や仕事に対応する力を身につけます。
3年次
体づくりと基礎力の向上を継続しつつ、コンテンポラリーダンスを学び、体の使い方、表現の幅を広げていきます。様々なジャンルを習得する中で、自分の個性を表現してダンスを進化させていきます。
4年次
日本舞踊の授業を通して、和の世界を知り、所作を身につけます。これまでの学びで習得したスキルを発揮してクオリティーを高めながら、自身の個性を生かした作品づくりに取り組みます。

目指せる主な職種・職業

ダンサー/アクター/パフォーマー/テーマパークダンサー/タレント/振付師/ダンスインストラクター/音楽プロダクションスタッフ/ステージプランナー など

ダンスパフォーマンスコース  ホームページ

音楽領域トップ