芸術学部 芸術学科

音楽領域

学部・大学院芸術学部 芸術学科 音楽領域

学びの特徴

自分だけの「音楽」を奏で
人と人をつないでいく

「音楽とともに、一生を幸せに生きること」。
これが、名古屋芸大の音楽領域が目指していることです。

音楽でつくる「幸せ」な生き方には、様々な形があります。
技術を磨きプロの演奏家となること、舞台技術を学び魅力的なステージを作ること、音楽で人をケアし福祉や医療分野に貢献することなど、形はひとつではありません。
領域やジャンルの垣根を越え、多様なキャリアを持つ教員やOB・OGと携わりながら、自分に合った音楽との関わり方を模索していきましょう。
そして社会の中で自分だけの音楽を奏で、語れる人になってください。

音楽が持つもっとも大きな力は、人と人をつなげる力。
あなたの音楽はどのように人をつなげ、幸せにするでしょうか。
その方法が、きっとここで見つかるはずです。

音楽領域の特徴

特徴01FEATURE01

多様な選択肢の中から、
自分の「音楽との関わり方」を
見つける

特徴02FEATURE02

様々なポジションを体験し、
自分をプロデュースする力を
身につける

特徴03FEATURE03

名古屋発の、
世界にオープンな
音楽コミュニティが形成されている

こんな人におすすめ

学生インタビュー

さまざまな理由でここ「名芸」にかかわっている人たちの「なぜ」から、
今の興味、将来の展望など、さまざまな一面をのぞいてみてください。

MEIGEI PEOPLE(メイゲイピープル)名古屋芸術大学の「人」を紹介するニュースメディア

Teacher's VOICE

遠藤 宏幸 准教授
Hiroyuki Endo

プロとアマの二分ではなく
ハイアマチュアという言葉を肯定し、
音楽に関わる人のキャリアの選択肢を
増やしていきたい

梶田 美香 教授
Mika Kajita

様々な領域の力がないと、
1つのものが完成しない時代に
なってきています

伊藤 孝子 准教授
Takako Ito

卒業生と一緒に仕事をつくっていくことが、
地域・社会の発展にもつながると思います