芸術学部 芸術学科 音楽領域

弦管打コース コース概要

学部・大学院芸術学部 芸術学科 音楽領域

「奏でる」楽しさを体感する。

プロフェッショナルにふさわしい技術と意識、そして豊かな感性を身につけた演奏家や指導者を育成するために、技術、精神の両面から独自の教育カリキュラムを実践します。本コースでは、マンツーマンのレッスンと多彩な合奏授業により、演奏家および指導者としてリーダーシップを発揮できる演奏力と技術力を鍛えます。また、多くの演奏会や本番を通じて、ステージマナーや演奏に対する心構え、他のメンバーに対する気配りなどを修得し、技術・精神共に優れ、豊かな感性を兼ね備えた演奏家や指導者を育成します。

ポイント

  • マンツーマンのレッスンにより、一人ひとりの個性に合わせて力を伸ばします。
  • 多彩な合奏授業により、ステージマナーや気配りなどメンタルな部分も修得します。
  • 幅広いレッスンを通して、客観的に自分を見つめ、高い意識と精神力を身につけます。

将来の主な就職分野

  • ソロ演奏家
  • オーケストラ奏者
  • アンサンブル・吹奏楽指導者
  • 音楽講師
  • 中学校・高等学校音楽教員
  • 音楽・芸術関連企業 等

教授メッセージ

音楽は万国共通の言葉。心で表現する力をマスターしよう。

音楽にとって各自の演奏力、音楽性も大切ですが、それを引き出す「解釈」も重要な技術です。これらの技術を磨くためには、人間性を豊かにしなければなりません。そして、心、技、体がひとつになったとき素晴らしい演奏ができるのです。音楽は耳で聴いて心で語るもの。その点では万国共通であり、言葉という国境を越えられる唯一の“言葉”ではないでしょうか。日常的に使っている言葉同様に自由に使いこなせるようになるには、まず繰り返し聞き、そしてそのようにしゃべってみようとするところから始まるのです。楽器と共鳴する心地よさを体感できるまで生演奏を聴き、実践し、楽器を通じて心で音楽を表現する力をぜひマスターしてほしいと思います。

また、本コースでは今まで自分が楽しんできた音楽に、教える立場で携わっていける人材の育成を目的としたカリキュラムも用意されています。運営や企画、楽器の修理等の多様な角度から指導に役立つ知識や技術を修得することもできます。

弦管打コース ホームページ

音楽領域トップ