大学院

音楽研究科 研究科概要

真の芸術性を磨いて世界に通用する音楽表現へ

高い表現力と深い教養を身につける為に。
担当教員が責任を持って2年間を個人指導。

本学は、学生が演奏者としての意識をもち、芸術性の高い表現力と深い教養を自ら研鑽する場として機能しています。より高い演奏力や表現力をめざす場合、大学での4年間では決して十分とはいえません。むしろ技能を一通り身につけた卒業以降が真の芸術性を磨くチャンスといえます。研究科では、担当の教員が責任をもって2年間を個別に指導します。より深い音楽表現への探究が行われます。大学卒業後に大学院進学を視野に入れておくことは、意欲的な選択肢のひとつといえるでしょう。

音楽研究科の特色

  • 大学4年間で学んだ演奏力や表現力をより高め、世界に通用する高度な技能と教養を修得した専門家を育成します。
  • 一人ひとりの個性に合わせた個人レッスンをそれぞれの担当教員の下で行い、より深い音楽表現の可能性を追求します。
  • 地域の文化発展にも貢献できる、各種事業など幅広い分野で活躍しうる人材を育てます。

教授メッセージ

音楽をより深く追求するために恵まれた環境の中で過ごす。

大学院は最高の教育機関であり、世界に通用する高度な技術能力と教養を修得した専門家を育成することを目的としています。それに加え、地域の文化発展に貢献する社会的役割をも担っており、各種事業に携わり、様々な分野で幅広く活躍できる優れた演奏家の輩出をめざしています。各研究科では、教員と学生とが同じ演奏家としての意識レベルの高さにまで上がって、より深い音楽表現への探究が行われています。この恵まれた環境の中で、ぜひ芸術家としての研究を存分にしていただき、将来は演奏家はもとより、多岐にわたる分野で活躍していただくことを願っています。

大学院トップ