4年間という賢い選択
Course

舞台芸術分野に求められる
知識と技術をしっかり身につける
“アカデミックな4年間”。

コース一覧

1年次に業界常識舞台芸術に関する基礎を学んだ後、2年次以降は「舞台美術コース」「演出空間コース」「舞台プロデュースコース」の
3コースにそれぞれ分かれ、理論と実践から総合的に学んでいきます。

  • 舞台芸術領域

    1年次に業界常識舞台芸術に関する基礎を学んだ後、2年次以降は「舞台美術コース」「演出空間コース」「舞台プロデュースコース」の3コースにそれぞれ分かれ、理論と実践から総合的に学んでいきます。

  • 舞台美術コース

    舞台芸術デザインから大道具、小道具の製作、
    劇場での作業全般まで、舞台美術に関するスキルを学ぶ。

    舞台プロデュースコース

    企画・立案や演出・キャスティング等、
    舞台プランニングとともにビジネススキルを養う。

    演出空間コース

    音響と照明を総合的に学び、
    空間デザインにおける実践力を育む。

舞台芸術領域での4年間の学び

1年次の学び

1年生は 3 コースすべての基礎を全般的に学ぶ時間です。どのように企画され制作されていくのか、どのように舞台芸術は考察され創られていくのか、どのように照明や音響はデザインされていくのか、また、舞台芸術の歴史や社会的背景、著名な作品、舞台芸術業界の常識等々、様々な内容の基礎を学びます。

幅広い知識を身に付ける貴重な1年間。1年生の学びは、将来、社会に出た時に実はすごく力になるのです!

POINT
授業科目
  • 〇3コース共通

    舞台芸術実技Ⅰ(平面構成)、舞台芸術実技Ⅰ(構図)、舞台芸術実技Ⅰ(音響基礎)、舞台芸術実技Ⅰ(照明基礎)、舞台芸術実技Ⅰ(舞台プロデュース基礎)、プロジェクトワークⅠ、舞台芸術概論1、 舞台芸術概論2、舞台芸術業界研究、著作権、アウトリーチ論、日本語リテラシーⅠ、日本語リテラシーⅡ

2年次の学び

2年生からコースを選択して専門的に学びます。1年次の時の学びに比べて、ぐっと専門的になります。舞台芸術コースでは実際に模型や舞台美術セットを創り、演出空間コースでは専用ソフトの使い方を覚えたり、機材の操作を学外のホールも使って学んだりします。舞台プロデュースコースでは実際の公演を企画制作します。
※演出空間コースでは音響と照明の両方を学びます。

専門コースの基礎を身に付ける1年間。将来、社会で困った時に戻る専門分野の原点は2年次の学び。シンプルだけど奥の深い1年になるはず!

POINT
授業科目
  • 〇舞台美術コース

    舞台芸術実技Ⅱ(大道具)、舞台芸術実技Ⅱ(小道具)、PC演習(Vector Works)、写真演習、色彩学、舞台芸術概論3、舞台芸術概論4、プロジェクトワークⅡ、英語リテラシーⅠ、英語リテラシーⅡ

  • 〇演出空間コース

    舞台芸術実技Ⅱ(舞台音響)、舞台芸術実技Ⅱ(舞台照明)、PC演習(Vector Works)、劇場機構基礎演習、電気基礎、舞台芸術概論3、舞台芸術概論4、プロジェクトワークⅡ、英語リテラシーⅠ、英語リテラシーⅡ

  • 〇舞台プロデュースコース

    舞台芸術実技Ⅱ(文化政策)、舞台芸術実技Ⅱ(制作)、経営学基礎、経済学基礎、広告論、舞台芸術概論3、舞台芸術概論4、プロジェクトワークⅡ、英語リテラシーⅠ、英語リテラシーⅡ

3年次の学び

3年生ではさらに専門性が高まりますが、2年次までともっとも大きく違うことは、演出家との共同作業が本格的に始まることです。舞台芸術は、美的に優れたものを演出家の意図に沿ったり、舞台の大きさや機構に合わせたりしながら、それぞれの担当分野で制作していくという点が重要です。また、公演を宣伝したりチケットを売ったりすることもとても大切です。実習が増えますが、実践を支える理論の学びも継続していきます。

インターンシップも含めて、外部の人たちとの関わりが一気に増える1年間。プロのアーティストと共に舞台をつくる貴重な時間です。

POINT
授業科目
  • 〇舞台美術コース

    舞台芸術実技Ⅲ(大道具)、舞台芸術実技Ⅲ(小道具)、劇場史、インターンシップ、プロジェクトワークⅢ

  • 〇演出空間コース

    舞台芸術実技Ⅲ(音響デザイン)、舞台芸術実技Ⅲ(照明デザイン)、劇場史、インターンシップ、プロジェクトワークⅢ

  • 〇舞台プロデュースコース

    舞台芸術実技Ⅲ(事業分析)、舞台芸術実技Ⅲ(制作)、劇場史、インターンシップ、プロジェクトワークⅢ

4年次の学び

4年生は大学生の集大成として、卒業制作公演に向けて領域全体で一致団結して取り組みます。学外の劇場で実施する大掛かりな創業制作公演のため、1年間をかけて準備をしていきますが、それだけではなく、各コースで卒業研究も行い、理論と実践による大学生としての学びを充実させます。

これまでの夢が、卒業後のキャリアとして現実的になっていく1年間。社会人としての振る舞いを身に付け、意識も変わっていきます。

POINT
授業科目
  • 〇舞台美術コース

    舞台芸術実技Ⅳ(大道具)、舞台芸術実技Ⅳ(小道具)、プロジェクトワークⅣ(卒業制作)

  • 〇演出空間コース

    舞台芸術実技Ⅳ(音のアート)、舞台芸術実技(光のアート)、プロジェクトワークⅣ(卒業制作)

  • 〇舞台プロデュースコース

    舞台芸術実技Ⅳ(卒業研究)、舞台芸術実技Ⅳ(制作)、プロジェクトワークⅣ(卒業制作)