領域紹介
Outline

時代が求めるのは
クリエイティブな新しい発想。
一回性からしか生まれることのない
感動を社会に提供するために。

あなたが舞台をつくる。
舞台に立つだけが、舞台芸術のぜんぶじゃない

音楽、演劇、舞踏、さらにはオペラ、バレエ、ミュージカル、歌舞伎など、私たちが普段、鑑賞する様々な舞台。
それは、演者だけでつくられるものではありません。
プロデューサー、ディレクター、演出家、照明デザイナー、音響プランナー…、優れたプログラムは、多くの人々の力が集結してできあがるもの。
名古屋芸術大学は、舞台芸術のつくり手としての実践的なスキルと豊かな感性を本格的に学ぶ「舞台芸術領域」を新たに開設します。

  • 名古屋芸術大学 舞台芸術領域誕生

    舞台芸術を通して、
    想像力・創造力を高め、
    感動を社会に提供できる
    人材を育成する。

    現代社会で求められるもの、それはクリエイティブな発想であり、多様な“芸術との出会い”こそが、そういった想像力・創造力の源となります。
    舞台芸術の観客、そして舞台の上に立つ演者は「今、ここ」にいる人たちです。
    そしてクリエイティブな発想をもって「今、ここ」にいる観客と演者の関係性を構築するのが、舞台芸術を創る人々。
    舞台芸術領域は、この一回性からしか生まれることのない真の感動を社会に提供できる人材育成のために誕生しました。

  • 名古屋芸術大学 舞台芸術領域誕生
  • ビジョン

    舞台芸術に関する
    実践的スキルとともに、
    舞台芸術の発展と社会的課題の
    解決に向けて、
    意欲的に取り組める人材へ。

    劇場や実演団体の社会的な役割は、素晴らしい作品を提供し、そこで生まれる感動を原動力とした人々の変容によって、社会に刺激を与えていくことだと考えます。
    舞台芸術領域では、舞台芸術を通して社会をより豊かにしていくことができる人材を育成します。

  • ビジョン

舞台芸術領域で育む力

  • 日本全国や世界中で活躍する教員から、多角的に舞台芸術を学び、今後の舞台芸術業界を牽引することのできるスキル
  • 社会状況に関心を持ち、冷静に状況を俯瞰した上でリーダーシップを発揮し、問題意識を持って文化芸術を通した課題解決に立ち向かう力
  • チームビルディングやコミュニケーション、他者理解等を通した、他者への敬意や謙虚な姿勢
これらの力は舞台芸術以外の芸術分野や
一般社会でも活かすことができます。

向いている人

  • aa
  • 向いている人

    舞台は人前に出る演者だけでつくられるものではありません。プロモーション活動や現場の制作、音響や照明などの演出など、様々なスタッフにより、大勢の人々の感動は生み出されます。そのため、「舞台や劇が好き」といった興味は大切ですが、人と協調して何かをつくり上げることが好きな方、裏方であっても「私が主役なんだ!」と志の高い方にこそ、舞台芸術領域で学んでほしいと思います。高校時代に演劇等の経験がなくても、音楽・スポーツイベントでの演出や空間に興味を持ち、スタッフとして好きなアーティストや選手を支えていきたいと思う方も歓迎します。