人間発達学部

子ども発達学科 学科概要

「名芸で先生になる」
子どもが安定した成長・発達を遂げるために
限りない愛情を注ぐことのできる感性豊かな教育者・保育者を
育てることを目的としています。

学びポイント1

乳児期から児童期そして青年期までの
発達を促し、援助する教育・保育のプロを育てる

教育者・保育者の養成を目的とする学科で、小学校教諭1種、幼稚園教諭1種の免許状及び保育士資格が取得できます。

資格取得と単位数

学びポイント2

1年次から始まるゼミで「得意」を磨く

主体的に学習・研究していけるように1年次は入門演習・大学生になる、2年次では基礎演習、3・4年次では子ども教育ゼミなど「8つの分野の専門領域演習」を開講します。得意分野における専門的能力「オンリーワンスキル」を磨きます。また学生同士で研究を深め合う「ゼミ活動」を通じて専門的研究の楽しさを味わい、同時に問題解決能力、プレゼンテーション能力を養います。1年次には、北名古屋市の保育所や児童館でボランティアを行ったり、クリエ幼稚園に行ったりします。

学びポイント3

教育・保育実習や地域の人々との交流により「実践力」を養う

子どもたちの健やかな成長には、教育者・保育者と、保護者、地域社会との連携が必要になります。卒業まで約百日間もある教育・保育実習や「インターンシップ活動」に参加することで、質の高い「実践力」を養います。1年次、クリエ幼稚園での遊ぶ体験で出会った子どもと、2年次の幼稚園実習で出会うなど、子どもの成長を感じられる機会が多くあります。

学びポイント4

音楽や美術があふれるキャンパスで「豊かな心」を育む

総合芸術大学である本学は、日常的にアートであふれています。学内における演奏会や展覧会にくわえ、児童文学作家や映画監督など第一線で活躍するクリエーターを講師に招く「文化創造セミナー」など特別講座も開催。さまざまな世界に触れることで「子どもたちの心に共感できる感性」や「子どもたちの能力を引き出し、伸ばすチカラ」を育てます。1年次「大学生になる」では芸術学部の“芸術家の卵”の学生と知り合いになれます。

学部長挨拶

教育・保育は、子どもたちのみずみずしい感受性を伸ばし、創造力・思考力を育てる仕事です。そのためには、なにより、先生や保育者自身が、自然や生活の中の美に対して豊かな感性をもち、世界の不思議に対して好奇心にあふれた人であってほしいと、誰もが願わずにいられません。名古屋芸術大学人間発達学部は、全国でも珍しい芸術系の大学の中にある教育・保育系学部であり、まさに自らの感受性を磨き、それぞれが得意な分野で知的関心を深めながら、幼稚園や小学校の先生、あるいは保育士になっていくための最適の場です。こうした環境の中で、私たち学部のスタッフは、学生のみなさんが入学後に迷いながらも自分の将来を選びとり成長していく過程に丁寧に付き合います。そして、その夢の実現に、全力を上げてサポートしていきます。芸術の香りあふれる環境の中で、4年間、私たちと一緒に学び、自らを大きく飛躍させてみませんか?

人間発達学部 子ども発達学科 学部長

星野 英五

NEWS & TOPICS

ニュース一覧