教員紹介

臼井 拓朗(うすい たくろう)

  • 臼井 拓朗

所属

  • 芸術学部 芸術学科 デザイン領域 メディアコミュニケーションデザインコース

職位/役職

講師

略歴

1981 岐阜生まれ.
2004 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻 卒業
2006 東京芸術大学大学院美術研究科絵画専攻油画 修了
2009 東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了. 博士(美術)

2015.4 名古屋芸術大学デザイン学部専任講師

研究活動

[専門分野]
現代アート

[研究課題]
絵画|映像|インスタレーション

[研究業績]
2006 UPDATED(A-things|東京)個展
2007 KINCO — 日本銀行地下金庫展(日本銀行本店旧館|東京)グループ展
2008 アートフェア東京2008(東京国際フォーラム|東京)グループ展
2008 東京芸術大学博士審査展(東京芸術大学大学美術館|東京)グループ展
2009 DESKTOP ARCHIVER(A-thingss|東京)個展
2012 Mapping(A-thingss|東京)個展
2012 行為の触覚 反復の思考(上野の森美術館|東京)グループ展
2015 三つの机のあるところ(Art Center Ongoing|東京)3人展
2016 常滑フィールド・トリップ 2016(愛知県常滑市内|名古屋)グループ展
2019 電脳博覧会2019(名古屋市民ギャラリー矢田|名古屋)グループ展
2021-2022 SCENE 5 ”exercise”(Time & Style Midtown|東京)2人展

[受託研究]
2015-2016 防災教育ゲームの研究・制作|NPO 法人高齢者住まいる研究会(防災教育チャレンジプラン)
2017 デジタルサイネージコンテンツの研究・制作|OKB テラッセ納屋橋支店
2018 デジタルサイネージコンテンツの研究・制作|OKB テラッセ納屋橋支店
2019 トリックアートの研究・制作|特別企画展「深海の玉手箱」|豊橋自然史博物館・豊橋駅構内
2019 デジタルサイネージコンテンツの研究・制作|OKB テラッセ納屋橋支店
2020 トリックアートの研究・制作|動物舎観覧通路デザイン|豊橋総合動植物公園、極地動物館内
2020 デジタルサイネージコンテンツの研究・制作|OKB テラッセ納屋橋支店
2021 トリックアートの研究・制作|特別企画展「地球は昆虫であふれている」|豊橋駅構内
2021 デジタルサイネージコンテンツの研究・制作|OKB テラッセ納屋橋支店

授業科目

絵画
デザイン基礎演習D
デザイン実技Ⅲ-1
デザイン実技Ⅲ-3
デザイン実技Ⅱ-4
デザイン実技IV
卒業研究
デザイン実技Ⅰ-1
デザイン実技Ⅰ-2
デザイン実技Ⅰ-3
デザイン実技Ⅰ-4
レビューⅠ
レビューⅡ
レビューⅢ