教員紹介

大内 孝夫(おおうち たかお)

  • 大内 孝夫

所属

  • 芸術学部 芸術学科 音楽領域 共通科目等担当

職位/役職

教授

略歴

1984年3月慶應義塾大学経済学部卒業後、みずほ銀行支店長、銀行等保有株式取得機構運営企画室長(常勤トップ)などを歴任。本学勤務のほか、全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)評議員、キャリア支援室長/組織運営委員/ピアノ教室経営相談担当、名古屋音楽学校アドバイザーなど。日本証券アナリスト協会検定会員。

研究活動

【専門分野】
特になし
(関心領域;音楽教室経営論、キャリア形成、マクロ経済(特に金融)、不動産投資、証券投資、会計学、マネジメント)


【主な著作】
〇著書
 『音大崩壊』『「音大卒」は武器になる』、『「音大卒」の戦い方』、(以上、ヤマハMEH)、『AI時代最強の子育て戦略「ピアノ習ってます」は武器になる』、『「音楽教室の経営」塾』①、②、『そうだ!音楽教室に行こう』、『目からウロコの就活術』(以上、音楽之友社)など。
〇共著
『音大出てどうするの?~マンガ『「音大卒」は武器になる』』(監修:大内、漫画:田中マコト氏)、『3日でわかる<銀行>業界』(2018、2019年版)、『日経キーワード2018-2019』(以上、日経HR)
〇連載コラム等
『ピアノが教えてくれる、本当に大切なもの(上、中、下)』(朝日新聞EduA)、『日本人は「音大凋落」の深刻さをわかっていない』他5回シリーズ(東洋経済オンライン)、『進路を決める前に読んでほしい~音大生応援団長の進路指導~』(音大生の就活支援サイト「音大生就活ナビ」、運営;ノラコミュニケーションズ)、『エリア・ミュージック・サポーター』(ピティナHP、22年7月時点での連載回数20回)など

【著書等に関するメディア掲載】
日本経済新聞、読売新聞、毎日新聞、共同通信、FM東京、CBCラジオ他多数

【所属学界・団体】
ドラッカー学会(2020年総会/大会 実行委員長)
日本証券アナリスト協会(検定会員)

授業科目

キャリア1
起業論
インターンシップ