洋画コース

公式サイト・SNS

コースの概要

モノを「見る」力と「表現する」技術を磨く

ものを描くとは、そっくりうまく描くことではありません。自然の造形や妙にふれ、美しさや神秘的なもの、崇高なものなどを感じとり、人の心を動かす、深くて存在感のある作品を生むことです。本コースでは、これから先もずっと制作活動を続けるための基盤となる確かな観察力や描写力や発想力を養い、表現を支える素材の知識や技法の習得を目指します。また、感性や才能を突出させる芸術教育を行うとともに、学内外のギャラリーなどで作品発表の機会を設けています。そこでプレゼンテーションの力を磨くことで、自分の考えを作品を通じて社会や人に伝えることを身につけ、将来は世界で活躍する画家やアーティストになるための実力を養います。

身につく能力

  • 絵画表現の基礎となる観察力・描写力・発想力・表現力
  • オリジナルな作品表現を構築する力
  • 自分の表現や作品を伝えるプレゼンテーション力

学生インタビュー

名古屋芸術大学 洋画コースの「今」をご紹介。

授業とカリキュラム

1年次
西洋の伝統的な油彩画にふれ、基本的な技術を習得するとともに、いまの時代に求められる絵画表現を学びます。様々な素材実習を体験して、基礎となる観察力や描写力を養い、知識と技術力を身につけます。
2年次
ゆったりとした個別の制作スペースがあり、そこで様々な教員が投げかける独自の課題に対し、制作を進めます。学生一人ひとりの自由な発想や個性を尊重する実技指導が展開されます。
3年次
学外からの美術関係者や特別講師による授業に積極的に関わり、作品レベルの向上を目指します。また、自らの研究テーマに基づき、のびのびとした空間のアトリエで、多様なメディアを選択し、自由な制作・表現を試みます。
4年次
大作の制作や展示演習など社会を意識した活動や、自分のイメージやアイデアをかたちにした作品制作を数多く試みます。それぞれの個性や感性を磨くことができるよう、卒業後の進路に向けたアドバイスが行われます。

主な進路実績

目指せる主な職種・職業

アーティスト/画家/学芸員/アニメクリエイター/ CG デザイナー/デザイナー/美術科教員(中学校・高等学校)/工芸科教員(高等学校) など

卒業後の主な進路

株式会社スタジオジブリ/株式会社カプコン/有限会社カイカイキキ/株式会社ピーエーワークス/日本写真判定株式会社/有限会社ザットインターナショナル/愛知県公立中学校 など