スペースデザインコース

コースの概要

「人と空間」の豊かな関係をデザインする

スペースデザインとは家具、インテリア、建築、都市空間に関わるデザインを通して、新しい生活や快適な生活の場をつくり出すことです。本コースでは、家具、公園、建物といった身の回りのものや空間を観察して、スケッチと文章による表現を積み重ねます。デザインの源となる発想力を培い、図面だけでなく、工房で手を動かして原寸大の実物を作ることを重視しています。街のリノベーション提案、コンペへの積極的な参加、産学官連携プロジェクトなど実践的なカリキュラムも豊富です。デザインといっても奇抜なものではなく、その先にある、人とモノと空間の豊かな関係の提案を目指します。

身につく能力

  • 豊かな時間のための空間を考え、展開する力
  • あらゆる素材の家具を原寸でつくる力
  • 自分が思い描いた空間を人に伝える力

学生インタビュー

名古屋芸術大学 スペースデザインコースの「今」をご紹介。

授業とカリキュラム

1年次
デザイン領域共通カリキュラム「ファンデーション」によって、オールラウンドにデザインを学び、専門分野の選択肢を広げます。各コース共通の基礎実技を学び、自分が本当にやりたいこと、向いている分野を見つけることができます。
2年次
空間づくりを学ぶ上で基礎となる、寸法でモノを考えるトレーニングを行います。たとえば、原寸でテーブルを制作したり、縮尺のある建築物の模型を制作したり、図面作成の方法などを学びます。
3年次
建築では、周辺環境、クライアントの要望などの条件、構造、素材などを考慮した計画の方法を学びます。家具では、素材、工法、使い勝手、ニーズなどから導きだした制作を行い、実践的な場面での空間づくりを学びます。
4年次
集大成である卒業制作に取り組みます。自分の身の回りで起こることを徹底的にリサーチし、問題点を見つけ出し、これまでの体験や実感した感覚をうまく生かしながら、自分らしい解決策を制作につなげていきます。

主な進路実績

目指せる主な職種・職業

建築家/ランドスケープデザイナー/環境デザイナー/ディスプレイデザイナー/家具デザイナー/照明デザイナー/造園家/美術科教員(中学校・高等学校) など

卒業後の主な進路

積水ハウス株式会社/大和ハウス工業株式会社/株式会社スペース/有限会社フルボデザイン/柏木工株式会社/飛騨産業株式会社 など