イラストレーションコース

コースの概要

描くことから基礎を学び「新しい表現」の可能性を追求する

表現の基本にある「描く」ことを、様々な角度から追求します。イラストレーションを描くために必要な画材や描写に関わる技術、CG技術を基礎から学び、徐々に多様なメディア環境に対応できるよう、それぞれの表現方法を習得していきます。商品やイメージを的確に捉えるための力を身につけ、自分の創造性や表現方法を探究しながら、デザイン業界に対してのプレゼンテーション能力を養います。そして最終的に目指すのは、身につけた表現力で何ができるかを見つけることです。複雑化した現代社会で、自己の表現がどのように展開できるのかというテーマと向き合い、実践を通して答えを導き出します。

身につく能力

  • イラストレーションの多様な技法や知識
  • ヴィジュアルデザインを応用した多様な表現力
  • 目標に応じてイラストレーションを生かす力

学生インタビュー

名古屋芸術大学 イラストレーションコースの「今」をご紹介。

授業とカリキュラム

1年次
デザイン領域共通カリキュラム「ファンデーション」によって、オールラウンドにデザインを学び、専門分野の選択肢を広げます。各コース共通の基礎実技を学び、自分が本当にやりたいこと、向いている分野を見つけることができます。
2年次
イラストレーションの基礎描写をはじめ、様々な表現技法やCGの扱いなど基礎的な技能を習得します。イラストレーションの多様性について理解を深め、表現を取り巻く環境や現状を踏まえ、様々な可能性を追求します。
3年次
表現の応用力に加え、展示、プレゼンテーション、ポートフォリオ作成などに対応できる総合力を強化します。学外での実践なども行い、一人ひとりが目標や進路設定に応じた課題を追求し、個別の制作プランを検討します。
4年次
研究テーマを掘り下げ、企画の立て方、プレゼンテーション、展示などの具体的な実践と、発表するための各種方法論を学びます。テーマに向き合い、解決方法を模索しながら卒業制作に力を注ぎます。

主な進路実績

目指せる主な職種・職業

イラストレーター/ゲームデザイナー/アニメーター/絵本作家/漫画家/フィギュア作家/グラフィックデザイナー/キャラクターデザイナー/美術科教員(中学校・高等学校) など

卒業後の主な進路

1-UP スタジオ株式会社/株式会社ナムコ/株式会社カプコン/株式会社コナミデジタルエンタテインメント/セガサミーホールディングス株式会社 など