テキスタイルデザインコース

公式サイト・SNS

コースの概要

素材づくりから学び「布」の可能性を広げる

東海地区で唯一、テキスタイルデザインを専門としたコースです。ファッション、インテリア、車両の内装、雑貨など、生活に欠かせない布のデザインを学べます。布を扱う技術や活用方法も研究し、現代的なデザインにアプローチします。伝統的技術による布の作り方は2つあり、本コースではその両方の「染め」と「織り」の技法を学び、素材に応じた柔軟な発想力を身につけます。基礎力がつき、テキスタイルの全体像をつかめたら、大学近郊の工場生産の現場でテキスタイルデザイナーの仕事を体験。産学官連携プロジェクトを通して、繊維産業の活性化に貢献できる人材育成を目指します。

身につく能力

  • 幅広い染織の知識と、技法を自在に使う力
  • 素材に応じた柔軟な発想力
  • 自分の独自性を伝える表現力

学生インタビュー

名古屋芸術大学 テキスタイルデザインコースの「今」をご紹介。

授業とカリキュラム

1年次
デザイン領域共通カリキュラム「ファンデーション」によって、オールラウンドにデザインを学び、専門分野の選択肢を広げます。各コース共通の基礎実技を学び、自分が本当にやりたいこと、向いている分野を見つけることができます。
2年次
ハンドメイドでテキスタイルを制作。羊の毛刈りや綿花の栽培を通して、繊維素材を学びます。スケッチから図案作成、草木染め(「ロウ染」を削除)、(「型染なども」を削除)友禅染を学び、用途に応じた布を制作。綴織、組織織などの織り技法を体験します。
3年次
社会でのものづくりにふれます。有松絞り(「の」を削除)産地で手ぬぐいをデザイン・生産・販売するほか、尾州毛織物産地で織物デザイン(「や」を削除)・工場での製織を体験。学外の展示会にも出品し、自分のデザインを人に伝える力を身につけます。
4年次
これまで培ってきた知識、経験、技術、思考をベースにしながら、染色、織物、プリント、テキスタイルプロダクト、テキスタイルアートなどのテキスタイル領域から自分のテーマを選び、作品を企画制作します。

主な進路実績

目指せる主な職種・職業

テキスタイルデザイナー/カラーデザイナー/雑貨デザイナー/(「着物デザイナー」を削除)/染織デザイナー/雑貨作家/染織作家/美術科教員(中学校・高等学校)/工芸科教員(高等学校) など

卒業後の主な進路

マツダ株式会社/ TB カワシマ株式会社/瀧定名古屋株式会社/宇仁繊維株式会社/中伝毛織株式会社/長谷虎紡績株式会社(「中外国島株式会社」を削除)/宮田毛織工業株式会社/三甲テキスタイル株式会社 など