メディアコミュニケーションデザインコース

公式サイト・SNS

コースの概要

自分の個性を生かし「社会と連携」するメディアをつくる

写真、イラスト、版画、映像などの視覚表現を研究して、デザインとアートの分野を越えた制作を行います。また、オリジナルブック・絵本・アニメーション・ゲーム・グラフィック・冊子の企画編集、Web制作、産学官連携プロジェクトなどにも取り組みながら、コミュニケーションメディアへと発展させます。独創的なアートからは柔軟な発想力と表現力、普遍性のあるデザインからは分析力やコミュニケーション力を学ぶことで、一人ひとりの特性を生かす専門性を発見します。そして、デザインを幅広く客観的に捉える視野を持ち、新しい価値を生み出すことのできる創造性豊かなクリエイターを目指します。

身につく能力

  • 豊かな想像力と「描く」「つくる」表現力
  • 構成と編集で「まとめる」「伝える」技術
  • 計画的に協働するコミュニケーション力

授業とカリキュラム

1年次
デザイン領域共通カリキュラム「ファンデーション」によって、オールラウンドにデザインを学び、専門分野の選択肢を広げます。各コース共通の基礎実技を学び、自分が本当にやりたいこと、向いている分野を見つけることができます。
2年次
前期は、版画やアートワークを行い、基本的な造形表現力を身につけ、アートブックを制作します。後期は、写真技法や、プロの視点と技術を学びながら、文字組やフォントに徹底的にこだわるブックデザインの課題に取り組みます。
3年次
映像アニメーション、オリジナルブック、Web デザイン、写真集、パッケージデザイン、CI、新聞広告など、多くの課題に向き合い、精度の高い作品制作を目指します。後期は、自分の専門性を高める大型作品を制作・展示します。
4年次
デザインやメディア技法に加え、現代アートの発想から培った感性と思考で、オリジナル表現の追求に向け、リサーチと習作を繰り返します。自分の個性や特性を十分に発揮し、大学での集大成となる卒業作品制作を目指します。

主な進路実績

目指せる主な職種・職業

クリエイティブディレクター/アートディレクター/グラフィックデザイナー/フォトグラファー/Webデザイナー/映像ディレクター/イラストレーター/ブックデザイナー/エディトリアルデザイナー/ゲームクリエイター/漫画家/美術科教員(中学校・高等学校) など

卒業後の主な進路

株式会社博報堂プロダクツ/株式会社中日新聞社/株式会社インパクトたき/株式会社大広/株式会社名大社/株式会社たきC1/ピクシブ株式会社 など