日本画コース

公式サイト・SNS

コースの概要

日本画特有の「繊細さと伝統」を感性に生かす

日本画の伝統や画材の魅力を学び、それを現代に生きるあなた自身の感性と結び付けます。そのためには、表面的な技法に満足することなく、見る・感じる・考えることの追求が大切です。一色ずつ丁寧に絵の具を溶いていく日本画制作は、思考の深まりを育て、完成までの時間が自信を育む貴重な道のりとなります。本コースでは、そうした時間をかけてものと向き合い、発想力を伸ばしながらじっくりと基礎を固めます。そして、自らの意思を持って内面を探り、表現手段としての技法も多種身につけることにより、人として、アーティストとして、大きくスキルアップします。さらに、外部講師の講評や学年の垣根を越えた授業を通して、自己の世界の探求と向上を目指します。

身につく能力

  • アーティストとしての絵画的表現力や広域な発想力
  • 美術やその歴史に対する豊かな知識
  • 画材や技法の基礎を体得し、オリジナリティへと昇華させる力

授業とカリキュラム

1年次
写生、着彩、クロッキーなどを行い、制作の基盤となる「ものを見る力」を高めます。日本画材の基礎と、絹本、截金、箔など様々な画材による表現方法を体得し、制作に役立てる準備を整えます。また、美術領域「ファンデーション」による多様な表現方法もあわせて体験します。
2年次
古典模写を通して、先人が目指した美意識や日本画の伝統的な一面を理解し、技法描法を身につけます。日本画制作では毎回テーマを設定し、イメージを具体化する力を身につけます。
3年次
自由制作を中心とした年間プログラムにより、それぞれの発想力を柔軟で広域なものに育てていきます。作品サイズを小作品から100~150号と幅広く設定しているため、画面寸法への対応力が向上し、自己表現の充実度も高まります。
4年次
3年次までの制作体験をより深め、それぞれの個性を大切にしながら、前期は自由制作、後期は卒業制作に臨みます。進学や就職など次のステップに必要な知識や技術の習得も、人生の目標に近づく大切な要素として取り組みます。

主な進路実績

目指せる主な職種・職業

画家(日本画家・現代美術作家)/文化財修復技術者/伝統工芸作家/舞台道具制作者/絵画教室講師/漫画家/学芸員/美術科教員(中学校・高等学校)/工芸科教員(高等学校) など

卒業後の主な進路

三浦佛工有限会社/ 株式会社DMM.com ラボ/株式会社オリンピア/セントラル画材株式会社/株式会社サンレジャン/有限会社竹正/岐阜県公立中学校 など