芸術学部 芸術学科

美術領域

学部・大学院芸術学部 芸術学科 美術領域

学びの特徴

社会に新しい価値を生み出す
アーティストに

「アーティスト」とは、作品を通じて世の中に新しい視点や選択肢をつくり出す人のこと。
自由な自己表現の先に、現代社会に新しい価値を生み出す。それが「アーティスト」の役割です。

名古屋芸大の美術領域ではそんな「アーティスト」を育てるため、様々な取り組みを行っています。まずは表現にまつわる様々な手法を学び、広い視野の中で自らの表現方法を模索。その後、展覧会や産学官連携プロジェクトを通じて、社会や他者に作品を伝える技術を身につけます。また先輩アーティストの話を聞いたり、現代のアートの立ち位置を学びながら、将来の選択肢やイメージを広げていきます。

卒業後も社会で活躍できる「アーティスト」としての基礎を築く4年間です。

美術領域の特徴

特徴01FEATURE01

「美術=絵を描くこと」という
既成概念を壊し、
作品の幅と視野を広げる
アート・ファンデーション

特徴02FEATURE02

アーティストとして
社会とどう関わっていくかを
実践的に学ぶ

特徴03FEATURE03

第一線で活躍する
先輩アーティストと接して、
これからのキャリアを描く

こんな人におすすめ

学生インタビュー

さまざまな理由でここ「名芸」にかかわっている人たちの「なぜ」から、
今の興味、将来の展望など、さまざまな一面をのぞいてみてください。

MEIGEI PEOPLE(メイゲイピープル)名古屋芸術大学の「人」を紹介するニュースメディア

Teacher's VOICE

秋吉 風人 准教授
Futo Akiyoshi

自分の可能性を広げるには
美術に対する固定観念を
最初に壊す必要がある

長谷川 喜久 教授
Yoshihisa Hasegawa

画材に対する深い知識を持った
教員が、学生個々の要望に対して
細かく対応していきます

松岡 徹 准教授
Toru Matsuoka

多様性が必要な時代に、
特定の専門知識だけを
追求していても広がりは出ない